静岡市 トイレ水漏れ修理
水道修理後
静岡市 トイレ水漏れ修理

静岡市葵区赤松 温水洗浄便座交換

本日は、飲食店のトイレで起きたトイレの水漏れトラブル、温水洗浄便座の本体交換作業の事例をご紹介します。葵区の飲食店オーナー様から、トイレの水漏れ修理のご依頼を頂きました。来客用のトイレの床に水溜りができて困っていらっしゃるようでした。早速お伺いして詳しく見させて頂くと、確かに便器の周りに水が溜まってしまっていました。水を拭き取りながら詳しくお話しをお聞きすると、いつも水溜りができるわけではなく、気づくと水溜りになっていて、どこから漏れてきているのかもわからずにお手上げ状態とのことでした。拭き取りが終わりしばらく様子をみていましたが、便器やタンク、左側の給水管やホース周辺はどこも濡れておらず水漏れは確認できませんでした。数回トイレを流して確認しても問題はなさそうでした。INAX製のシャワートイレ(温水洗浄便座)が設置されていましたので、着座センサーを塞いで洗浄操作をしてみると、便座の脇から水がポタポタ垂れてきました。洗浄を止めると水は出てこなくなりました。水が出てくる場所を詳しく調べると、温水洗浄便座を使用している時だけ、本体内部から出てきているようでした。オーナー様に水漏れ状況と便座について確認して頂くと、水漏れ箇所が見つからなかった理由にご納得されたようでした。トイレはお店をスタートする以前から設置されているもので、10年以上経っているかも知れないとのことでした。本体内部からの水漏れを部品交換して修理する方法か、温水洗浄便座本体を新しい物に交換するかの選択肢となりました。部品交換修理をするとなるとメーカー対応となり、別日に点検見積り、また別日に修理という流れになりますが、お店の営業もあり来客者に迷惑になるのでそんなには待てないとのことでした。一般的に温水洗浄便座は家電製品扱いで、耐用年数は10年と定められています。部品交換修理をして直っても、今後他の部品が劣化によりトラブルを起こす可能性も残ってしまいますので、10年以上使用しているのであれば、新しい物への交換の方がメリットが大きいです。本体交換であれば30分後には問題なく使用できるようになりますので、その方法をご希望でした。当店は急ぎのご希望にも対応できるよう、常に様々な準備をしておりますので、温水洗浄便座の交換もその場ですぐに可能です。営業開始時間まであまり時間もありませんでしたが、トイレの水漏れの原因がはっきりして、問題も解決して、オーナー様も一安心といったご様子でした。突然のトラブルや急ぎのご依頼もできる限りご希望に沿って対応させて頂きますので、遠慮なくご相談下さい。