静岡市駿河区高松 屋外排水管高圧洗浄作業

静岡市 トイレ詰まり修理
本日は、築20年程の戸建て住宅のトイレ詰まりトラブルの修理、屋外にて高圧洗浄作業をした事例についてご紹介します。駿河区のお客様からトイレが詰まってしまったとお電話を頂きました。トイレは数年前にリフォームしたそうですが、ここ最近流れ方がおかしいと感じていらっしゃったとのことでした。詰まりの状況を詳しく見させて頂くため、お客様宅へ急行しました。トイレにご案内頂き、流れ方をみると、便器の中に一度水が溜まって水位が上がってから、どんどん水位が減っていき、便器内の水が無くなる位まで水位が下がっていくような流れ方でした。様々な詰まりを見てきましたので、このような流れ方の場合は、異物を流してしまって便器内に残っているか、トイレから離れた場所で詰まりを起こしているか、といった可能性が高いと思いました。一度屋外へ出て、排水マスを探しました。トイレのすぐ外の排水マスのフタを開けると、やはり、汚水で溢れかえっていました。、その下流側のマスも全てフタを開けて詰まり箇所を探索しました。トイレのマスから下流に2つ目の排水マスは正常な状態で、そのひとつ前のマスは汚水で溢れてしまっていましたので、この間で詰まりが起き、排水が流れずに溜まってしまっていることが判明しました。排水マスはコンクリート製で、お客さまにお聞きすると築20年程で、排水管の詰まりは初めての経験のようでした。このような手の届かない土中の排水管内での詰まりは手作業での開通は困難なため、道具や機械を使用します。お客様と相談し、今回は高圧の水を噴射して詰まりを細かく粉砕して洗い流す高圧洗浄機を使用することになりました。高圧洗浄は排水管詰まりを除去する作業のなかで最も効果的な作業で、詰まりはもちろん、排水管の内部を綺麗に洗浄する作業ですので20年生活されて蓄積している付着汚れも全て洗い流せます。トイレの排水が屋外で溜まって逆流して、上流のお風呂の方にも溜まってしまっていますので、全ての排水管を綺麗に洗浄する作業となりました。詰まり箇所と思われる部分はすぐに開通し、溜まっていた汚水が一気に流れていきましたので、残りの排水マスを全て開け、それぞれのマスと、マスの間の排水管を高圧の水を噴射した洗浄ホースを行ったり来たりさせながら洗浄していきました。およそ一時間程で建物全体の屋外排水は全てピッカピカの状態に復元できました。はじめはトイレの問題と思っていらっしゃったお客様も、屋外の状況を一緒に見て、ビックリされていました。溜まっていた排泄物やペーパーの量から考えても、数ヵ月前ぐらいから詰まりは起こっていたと思われました。こういった排水マスはどのお家にも存在しますので、定期的にフタを開けて異常がないか点検することをお勧めします。フタを開けて、内部に水や排泄物が溜まっていたら異常な状態、内部には何もなく、マスの底が見える状態が正常な状態です。