島田市 蛇口水漏れ修理
水道修理後
島田市 蛇口水漏れ修理

島田市新田町 洗面台蛇口交換

本日は、複合店舗施設の共用トイレ内に設置された洗面台、蛇口の不具合修理の事例をご紹介します。3連休の中日の朝に島田市のお客様からお電話を頂きました。施設の管理をされている方で、休日でも即日修理をしてくれる業者を探しているとのことでした。お電話で詳しく状況をお聞きすると、複数の店舗が入っている施設の共用トイレ内にある洗面台に蛇口があり、その蛇口の水が止まらず出っぱなしの状態でお困りのようでした。その蛇口用の止水栓がなく、トイレ全体で止水しなくてはならず、来客者も施設の人もトイレを利用できない状況のようでした。連休中で来客も多く、できれば即日修理したいというお話しでしたので、急いで駆けつけました。蛇口を見させて頂くと、水のみを出し止めする立水栓(単水栓)で、トイレ全体で止水され水が止まっていました。一度通水して状況を確認するとハンドルをいくら回しても水が全開の状態であることがわかりました。再度止水をし、蛇口を分解点検すると、水の出したり止めたりを調節する部品が回転できず、ハンドルを回しても開きっぱなしになっていることが判明しました。昔ながらのパッキンを用いた蛇口ではなく、セラミック製の部品を組み合わせた精密な複合部品でしたので、この蛇口のメーカー製のもので、この蛇口用の部品でなければ形が合わず交換ができません。この蛇口を修理するには部品取り寄せの必要があること、休日が明けてからの注文になり、そこからの納品待ちになってしまうことをご説明しました。今日の内にトイレを通水して使用できるようにするためには、蛇口の下で水道管に栓をして使用中止にしてトイレのみ復旧させる方法、もしくは修理よりも費用はかかってしまいますが、すぐに用意できる新品の蛇口への本体交換の方法もあることをお話しすると、蛇口を新しくする方法で即決となりました。当店の倉庫へ蛇口を取りに行く必要はありましたが、往復の移動時間と蛇口本体の交換作業時間、合わせて2時間半ほどで無事、新しい蛇口への交換は完了しました。少し形は異なりますが、復旧した後、来客者がトイレや蛇口を使用しているのを見て、管理者の方も安心されていまいた。