静岡市駿河区 安居 タンク内部品交換

静岡市 トイレ水漏れ修理
本日は、築20年程の戸建住宅、トイレで起きた水漏れトラブルの部品交換修理案件の事例をご紹介します。駿河区のお客様からトイレの水漏れについてお問合せを頂きました。水道の検針の際にどこかで水漏れしているとの注意があったそうで、最近水まわりを気にされていたようです。トイレを使用していない時でも常に水がポタポタ垂れる音が聞こえるので、詳しく調べてもらいたいとのことで、調査に費用がかかるかどうかというお問合せでした。当店は見積料や点検料、出張料などは一切頂いておりませんので、そのことをご説明し、一度詳しく見させて頂き、その後どのような修理をするかを判断して頂く、ということでお客様宅へ急行しました。連休中でしたが渋滞もなく短い時間で到着できました。ちなみに、平日でも休日でも料金は同じですのでご安心下さい。お客様宅に到着後、トイレを拝見すると、TOTO製の大き目なタンクのついたトイレでした。お聞きすると築20年程だそうで、今までトイレの修理等はしたことがなく、検針の人から言われるまでは全く気にしたことがなかったそうでした。ご夫婦お二人住まいで、トイレは一か所のみ。静かになる夜間、トイレの中で水が垂れる音がすることに気づいて、それからずっと気になってはいたそうですが、どこにお願いするかで悩まれていたとのことでした。照明で便器内の溜まり水を観察するとユラユラと揺れていて、便器の周りから水が少しずつ漏れているのが確認できました。この水はタンクの中に溜まっている水が漏れて出来ている水なので、今度はタンクの中を詳しく調べます。一度止水をして、タンクのフタを外し、安全を確保してから通水して内部を詳しく点検しました。タンクの中の水位は既定の量のままでした。しかし水道から水を補充する役割のボールタップという部品からはポタリポタリと水滴が落ち続けていました。通常、タンク内に既定の水量溜まったら、ボールタップが水道からの水の補充をピタリと止めなければいけませんが、しっかりと止められなくなってしまっていました。常にタンク内に水が入り続けているのにも関わらず、あふれもせずにタンク内の水位が規定の量に留まっているということは、別の箇所にも水漏れの可能性が考えられます。再度止水をし、水道からの補充が止まった状態でしばらく観察していると、タンクの水位が下がっていきました。つまり溜まった水が自然と抜けてしまっているということです。タンクの底面には便器へとつながる穴が開いていますが、その通り道を塞ぐ門に隙間があり少しずつ漏れて便器へと水が抜けてしまっているわけですね。タンクの上では水道から水を入れ続け、下では溜めた水が抜け続けていたことになります。どちらも長年の使用による部品の劣化によるもので、上側はボールタップ、下側は排水弁という部品の交換をすることで水漏れは直ります。一般的には7年から10年に一度交換するのが望ましいとされていますが、今回のお客様は20年近く使用されていましたので頑張った方だと思います。大きいタンクで大小の切り替えはなく、一度にたくさんの水が流れるトイレですが、使用されるのはご夫婦二人ですので、節水型のトイレへのリフォームも必要なく、このまま修理をして使っていきたいというお話しでしたので、部品交換にて修理をする内容でお見積りとご説明をさせて頂きました。恐らく何か月も水漏れした状態でしたので、修理を完了した場合は水道局への報告も必要となります。正式に修理のご依頼を頂き、その日の内に修理させて頂きました。部品交換修理をして、トイレ内に水漏れがないことを確認しました。その後、水道メーター部分でも他に漏水がないかどうか時間をかけてチェックして修理は完了しました。これでもう安心ですね。