富士市 手洗排水水漏れ修理水廻り修理施工後
富士市 手洗排水水漏れ修理

富士市青葉町 手洗排水管交換

本日は、飲食店に設置された手洗器の排水管水漏れ修理の事例をご紹介します。富士市の飲食店オーナー様からお電話にて排水管修理のご相談を頂きました。手洗器の下の排水パイプが折れてしまったようで、排水が床に直接垂れてしまってお困りのようでした。設置されてからの年数もだいぶ経っているそうで、修理が可能かどうかを知りたいというお話でした。お電話でのお話だけでは詳しくわかりませんでしたので、一度状況を見させて頂くことにしました。手洗器はお客様の入らない場所にあるそうで、営業時間中でしたが急遽お伺いしました。以前は別の飲食店だったそうで、その頃から設置されている手洗器のようでした。手洗器の下には金属製の排水パイプがありましたが、取り付け部分から脱落してしまっていました。確かにこれでは排水の一部が床に直接流れてしまいます。取付ナット部分を外してみると、パイプが折れてしまったようで、脱落したパイプの残りの部分がナットの内側に残っていました。この排水パイプは外側はメッキ加工されていますが、素材は真鍮製です。真鍮は経年によって錆びたり耐久性が落ちたりするのですが、この排水パイプは恐らく20年以上使用されているようでした。所々メッキが剥がれ、剥がれた部分は錆びて穴が開きそうな部分もありました。この排水パイプはいくつかのパーツの組み合わせになっており、部分部分での交換が可能です。しかし、パイプが途中で自然に折れてしまうほど耐久性が落ちていますので、折れてしまった部分だけの修理ではまた同じトラブルが再発する可能性が十分に考えられます。古くなったパイプは取り外し、新しいパイプに交換する方法でご提案させて頂きました。パイプだけでなく、取付のナット、ナット内部のパッキン、そして陶器の手洗器を貫通している排水栓と呼ばれる部分も一緒に交換となります。

排水栓は手洗器の排水口部分になる部品です。この部品も同じ年数経っていますし、素材も同じ真鍮ですので、パイプだけ交換して排水栓をそのまま残しても心配が残ってしまいます。今回、オーナー様のお話しでは、この手洗器は頻繁に使用するわけではないのですが、手を洗うために使用するのでなければ困る存在とのことでした。使用するたびに床が汚れてしまうのは困りますし、今後同じような破損や水漏れが起こるのも困るので、部品の交換が可能なのであればしっかりと修理をしたいとご希望でした。脱落してしまったパイプは取り除き、手洗器に取付されている残りの部品を慎重に取り外していきました。長年動くことなく締め付けられている部品ですので、固着してしまっている場合が多く、工具で外す際に力が必要で、誤って陶器を割ってしまわないように注意が必要です。排水栓部分にも汚れが蓄積していますので、綺麗に清掃してから新しい物を取り付けていきます。排水栓、排水パイプの順で組み立てて接続部にはパッキンが入ります。工具でナットをしっかりと締め付けて完成となります。ちなみにパイプがクルっと丸くなってループしているのはトラップという構造で、このループ部分に水が溜まるように作られています。排水管からの臭いや虫などの侵入を防ぐためにわざと水を溜めて侵入できないようにしています。このトラップという仕組みは手洗器だけでなく、洗面台やキッチン、お風呂、トイレにも用いられています。トラップの水溜り部分には汚れが付着しやすく詰まりの原因ともなるので、この部分に溜まる水を常に綺麗な状態にするように水を入れ替えるよう気を配ることで詰まりにくくなります。コツとしましては、使用した後、最後に綺麗な水を少し溜めて一気に流すようにすると、トラップ内の水が綺麗な水に入れ替わりますのでお勧めです。トイレは元々大量の水で流す場所なのでそのままの使用で大丈夫ですが、お風呂、洗面台、キッチンのトラップ部分は蛇口だけの水量では弱いので、意図的に溜めて流すと良いですね。