藤枝市駿河台 浴室蛇口交換

藤枝市 浴室蛇口水漏れ修理
本日は、築30年の一般住宅のお風呂にて起きた蛇口水漏れトラブルの修理事例をご紹介します。藤枝市のお客様よりお電話にて、お風呂の蛇口の水漏れ修理についてお問い合わせがありました。ここ何年、様子を見ながら使用してきたそうですが、そろそろ我慢できなくなってきたので修理が可能かどうか見て欲しいというご依頼でした。実際にお伺いして見させて頂くと、お風呂はピカピカで新しい印象でした。お聞きすると、2年ほど前にユニットバスの壁をリフォームされたそうで、その際に一度外した蛇口はそのまま再利用しているとのことでした。水とお湯2つのハンドルが付いた壁付タイプの蛇口で、確かに蛇口のみ年代を感じました。家が経ってからずっと30年使用の蛇口だそうで、あちこち水漏れしていて気になっているとのことでした。実際に使用してみると、吐水パイプの付け根からポタポタと水漏れがあり、吐水パイプはだいぶグラグラしていました。水とお湯のハンドルもそれぞれハンドルの中からポタポタと水滴が垂れてきました。シャワーと吐水パイプの切り替えを吐水パイプ側にしていても、シャワーからも少し水が出てしまうので、壁のシャワーフックにかけておくと、意図せず冷たい水を頭からかぶってしまうそうで、どうにかして欲しいとご希望でした。止水をして蛇口内部を一つ一つ点検していきました。長年の使用によりあちこち水漏れが起きるほど各部品は摩耗、劣化してしまっていましたので、この蛇口の傷んでいる部品を交換して修理したとしても、本体は30年経っていますので、この先どれくらい頑張れるかが心配です。今まで一度もメンテナンスをしてこなかった分金属の摩耗は多く、「これからもまだまだ使えます!」とは言えない状態でした。お風呂の壁をリフォームした業者さんにも蛇口を交換しませんかと提案があったそうでしたが、その時は予算を抑えるためにそのまま再利用したようでした。今の蛇口の状態と今後の事をお話しすると、今回は部品交換の修理ではなく、蛇口本体を交換する方法をご希望されました。同じような2ハンドルの蛇口の他にも、温度調節機能のついた簡単操作の蛇口もありますので、カタログを見て頂くと、温度調節機能の付いた蛇口をご希望でした。壁リフォームの際には温度調節について提案されなかったから初めて存在を知ったとおっしゃっているのを聞き、なぜ紹介しなかったのだろうと考えました。一つ気になったので、給湯器の電源を入れてもらい、蛇口からお湯を出そうとしましたが、いつまでだっても燃焼ランプが付きません。ハンドルを閉め、今度は水を出してみると燃焼ランプが付いてお湯が出てきました。逆配管です。壁の裏で水とお湯のパイプの配置が逆に配管されています。一般的には壁に向かって右側に水、左側にお湯が来るように配管されますが、こちらのお風呂では逆になっていました。壁の裏を見ている業者さんが温度調節機能付きの蛇口を勧めなかった理由はここにありました。逆配管では温度調節機能が正常に働くことができませんので、壁を一度外して壁の裏の配管を正規の配置にやり直す方法もありますが、壁を外すといっても大変な工事です。壁を外さずに逆配管用の器具を取り付けて蛇口を取り付ける方法もありますが、蛇口の位置が今の位置よりも5cm程手前に出てしまいます。お客様にも絵にかいて詳しくご説明し、温度調節機能付きの蛇口を手前にせり出して取り付けるか、今の蛇口と同じハンドルタイプのもので同じ場所に取り付けるか、ご判断頂きました。リフォームしてもまだ洗い場は狭いと感じているそうで、蛇口がせり出して更に狭くなるのは避けたいということで、ハンドルタイプの蛇口への交換に決まりました。蛇口交換の作業は30分程ですが、交換後の稼働チェックや漏水点検、ご使用方法などのご説明を含めて1時間程で完了しました。壁のリフォームの際に配管切り回しも同時にされていればよかったのですが、済んでしまっているので致し方ありません。とにかく水漏れもなくなり、心配せずに安心して使えるようになりました。