富士宮市貴船町 台所 壁付混合水栓交換

富士宮市 蛇口破損トラブルの修理
水廻り修理施工後
富士宮市 蛇口破損トラブルの修理

本日は、築15年の一般住宅1階にある台所の蛇口の修理案件をご紹介します。富士宮市のお客様から午前中にお電話にて、蛇口が破損してしまったので修理可能かどうか見て欲しいという内容のご相談を頂きました。午後からは予約が入っておりませんでしたので、午前中の予約が終わり次第すぐにお伺いしました。お客様宅に到着すると、玄関先で到着を待っていらしたのか奥様にお迎え頂きました。お待たせしてしまい申し訳ありませんでした。お話しをしながら台所へ案内頂き、蛇口を確認すると、吐水パイプがありませんでした。破損してしまったのは吐水パイプのことのようでした。テーブルの上に置いてあった吐水パイプを手に奥様が戻られ、鍋が当たった時に折れててしまってびっくりされたようでした。吐水パイプの根元はギザギザしていて、パイプの途中から折れてしまったようでした。照明を当てて蛇口の方も見てみると、蛇口の内部に折れてしまったパイプの残りの部分がまだ残っていました。吐水パイプを新しい物に交換するにしても、蛇口内のパイプの残りの部分を取り除けなければ交換ができません。しかし、残りの部分はパッキンと一緒に丸い蛇口の穴にギッチリとはまっていて引っ張り出そうにも動く気配がありません。お客様自身でもペンチなどの工具を用いて色々と試してみたようで、パイプの取付部分の周りが傷だらけになってしまっていました。築15年でこの蛇口は一度も修理などをしたことがなく、取り出せないようならば、この機会に蛇口を新しい物に変えようと思っていたそうでした。一度止水をし、蛇口の胴体部分を取り外してよく見える位置まで持ってきて私の工具で除去を試みていましたが、ご家族の方が試された時に付いてしまった傷を見て、お気持ちが変わったようで、やっぱり蛇口を交換したいということになりました。蛇口を換えるとなるといつごろ工事ができるのか、それまで台所は使えないのかと気にされていらっしゃいましたが、蛇口の交換は取付ける蛇口さえこの場にあれば一時間程で交換が可能です。この蛇口は壁からの給水管・給湯管と接続する壁付きタイプのレバー式の混合水栓です。

車内にもいくつか在庫を載せていますので、メーカーカタログと併せて蛇口の本体を見て頂くと、今日中に交換できるならよかった、今すぐにお願いしますと、ご快諾頂きました。屋外のメーターボックスにて止水をし、蛇口の胴体部分は取り外していましたので、ハの字になっている取付脚をそれぞれ取り外しました。給水管は鉄管で配管されていて、管内のサビが目立ちましたのでお客様にも見て頂きましたが、たまに茶色い水が出ることがあるとのことでした。鉄の管は経年によってサビにより腐食していきますので、管に穴が開いて起こる漏水トラブルや、水道水にサビが混ざって出てしまう赤水といった症状を起こします。近年の一般住宅の室内配管では鉄管は使用されなくなり、塩化ビニールやポリエチレン製の管が主流になっています。築年数から考えて、今後給水管の更正工事が必要になることや、工事の方法を絵に書いてご説明させて頂きました。蛇口の取付脚と新しい蛇口の胴体を取付て通水し、漏水がないかどうかの確認も済み、作業完了です。ピカピカの蛇口に付け替え終わると、お客様も喜んで使用されていました。やはり新しい物は使いやすくてよいですね。前の蛇口に比べてレバーの動きも柔らかく、軽い力で動かすことができるので、指一本でも操作できますね。レバー式の蛇口は少しずつレバーの動きが固くなったり、キーキーという音がなるようになったりといった劣化の初期症状が出ますので、年数が経って使用感に違和感を感じたらトラブルが起こる前の点検をお勧めします。一般的にはレバー内部の部品は7年~10年で交換した方がよいとされています。