富士市 排水詰まり修理

富士市 排水詰まり修理

富士市 排水詰まり修理

富士市荒田島 店舗 高圧洗浄作業

本日は、富士市の飲食店の排水詰まり修理、高圧洗浄作業の案件をご紹介します。富士市のお客様から詰まり修理のお問合せを頂きました。飲食店の厨房内排水が溢れてしまっていて、早急に修理をお願いしたいとのことでしたので、急いで駆けつけました。お店は営業中でしたが、これ以上溢れてしまっては困るのですぐに作業をご依頼頂きました。厨房内の排水溝は通常は水が溜まることはないのですが、溢れてしまっていました。排水溝から集まった排水は、固形物を取り除き水分だけを下流へと流すためのトラップという排水マスを経由して店舗の外へと向かっていました。このトラップ部分にも油カスが溜まっていたため、さらに下流側を確認するため店舗の外を点検しました。店舗の外、厨房の裏側にグリストラップが設けてありました。グリストラップとは厨房から流れてきた排水に含まれる油(グリス)を捕まえるための仕掛け(トラップ)になっており、油を集めて水だけを下流へ流すための仕組みです。フタを開けて中を確認すると油の塊がゴロゴロと溜まっており、そこで詰まりを起きていてグリストラップから下流へは排水がほとんど出ていけない状態になっていました。お客様にグリストラップの状況をお伝えすると、ここ一年くらいグリストラップの清掃を行っていなかったそうで、その間の油の蓄積が今回のトラブルの原因とみて間違いないようでした。作業の内容をご説明して、了承を頂いてからすぐに取りかかりました。まずはグリストラップ内の大きな油の塊を排水管に入れないように取り除きました。これだけでひとまずグリストラップ内の水位が下がり、排水出口が目で確認できるようになりました。排水出口周辺にこびりついた油の塊をバールで砕きながら取り除いていると排水が少しずつ流れるようになってきました。厨房内に水位が減ったかどうか確認に行くと、厨房内は水位が変わっていませんでしたので、このことから厨房とグリストラップの間の排水管も詰まりを起こしていることが判明しました。高圧洗浄機を準備して、グリストラップ側から排水管内の詰まり除去作業に移りました。高圧洗浄機はポンプで水を吸って、高い圧力をかけて噴射する機械で、排水管洗浄用のホースと接続することで、排水のパイプの中に高圧力の水を噴射しながらホースを移動させ、水の力で油の塊を細かく粉砕して流すことができます。厨房側からホースを入れてしまうと詰まっている所に水をどんどん入れることになってしまうため、基本的には高圧洗浄作業は詰まっている箇所の下流側から行います。グリストラップ側からホースを入れ、圧力をかけた水を噴射して厨房へとホースを進ませていくと、詰まりの箇所にホースの先端がたどり着いたようで、ホースの先端が何かに当たる感触が伝わってきました。ホースを少し引き戻し、一気に進ませて詰まり箇所にぶつける、という具合に行ったり来たりさせていると、細かく粉砕された油カスがどんどんグリストラップへと流れ出てきました。しばらくするとゴボゴボ音がして厨房内に溜まっていた排水が一気に流れ出てきました。詰まり箇所が開通したということですので、その周辺を油の残りのないように念入りに行ったり来たりさせて洗浄しました。ホースを入れているパイプから出てくる水が濁っている状態から透明な状態になったらパイプ内に何も残っていないということになります。ホースが厨房内のトラップに出る所まで洗浄を行い、詰まり修理の完了です。今回は一番最初にグリストラップに油が蓄積して詰まりを起こし、その影響で厨房とグリストラップの間の排水管の中にも油が蓄積し2か所目の詰まりが起こり、厨房内の排水が全く排出できなくなったという症状でした。このような急なトラブルを避けるために、詰まりが起きる前に、流れが悪くなる前に、定期的にグリストラップ内の清掃実施をお勧めします。実際に詰まりが起こってからの高圧洗浄作業の方が作業時間も費用も多くかかりますし、お店の営業に支障が出てしまってはもったいないですので。当社は定期清掃も承っておりますので、どれくらいの周期で清掃すべきか、事前の清掃の場合どれくらいの費用でできるかなど、詳細はぜひお問合せください。