静岡市 蛇口水漏れ修理

静岡市 蛇口水漏れ修理

静岡市葵区牛妻 台所 蛇口本体交換工事

本日は、築20年の一般住宅1階にある台所流しの蛇口の修理案件をご紹介します。ご依頼の経緯としましては、お電話にて蛇口の水漏れ修理について修理内容と料金のお問合せを頂いたのが始まりでした。長年使用されているというお話しでしたので、電話でお聞きする内容だけでは判断が難しく、一度見させて頂いてから修理内容のご説明とさせて頂きました。お客様宅を訪問し、台所を見させて頂くと、蛇口の周りにタオルが巻いてありました。詳しくお聞きすると、蛇口の胴体部分から水が垂れて、蛇口の根元に水溜りになり台の上を伝って遠くの方まで水が行ってしまうのでタオルを巻いているそうでした。タオルを取り外して蛇口の状態を点検すると、レバーの付け根や吐水パイプの根元など、色々な箇所からじんわりと水が出てきて垂れています。シングルレバータイプのTOTO製の蛇口ですが、レバーを下に下げると水が出る(下げ吐水)蛇口でした。下げ吐水の蛇口は、阪神淡路大震災の時にその操作性の問題が浮き彫りとなったため製造が廃止されました。物が落下して蛇口のレバーに当たると水が出てしまうからです。震災以降、レバータイプの全ての蛇口がレバーを上に上げて水を出す(上げ吐水)に切り替わりました。現在でも下げ吐水蛇口の修理用部品が製造されている機種もありますが、今回の蛇口は使用年数を考えると部品を取り寄せて修理をする方法にメリットを見出せませんでした。今回の水漏れはレバーの付け根部分はレバーの内部にある蛇口の心臓部分ともいえる一番大事なカートリッジという部品の摩耗による水漏れと、吐水パイプの金属の摩耗による水漏れの2つの原因がありました。吐水パイプは上下にグラグラするほど隙間ができてしまっており、中のパッキンを交換しても水漏れは止まりそうにありません。カートリッジと吐水パイプの交換となれば、部品代だけで蛇口本体代の半分かそれ以上になるでしょう。部品交換の作業料金も含めて考えると、修理する方法も蛇口本体を交換する方法も金額はあまり変わりません。修理だと20年使用された蛇口の本体部分はそのままですから、本体部分が限界を迎えた時は結局本体交換が必要となります。お客様には部品交換で修理をする場合の見積もりとメリット・デメリット、蛇口本体を交換する場合の見積もりとメリット・デメリットをご説明させて頂きました。お客様も本体を交換する方法の方が安心だというお考えのようでしたので、蛇口本体を新しくすることになりました。お客様にはメーカーカタログを見て蛇口を選んで頂きましたが、私が車に常備していたTOTO製の蛇口で問題ないということでしたので、そのまま即日工事となりました。この蛇口はツーホールタイプと言って、台に2つ開いた穴を貫通している蛇口です。2つの穴はそれぞれ水とお湯が通るための穴なのですが、今回蛇口が取付けてある台の部分と、シンクのある流し台の部分とは別々のものです。シンクの下の収納内を確認すると点検口がありませんでした。蛇口に接続されている水の管とお湯の管、および蛇口を台に固定しているナットを外すためには、一度流し台を解体して移動し、その裏側で作業する必要がありました。いざ、流し台を移動するといっても収納内の排水管との接続も外さなければいけません。排水管が邪魔で流し台を移動できなかったので、排水管は切断しました。流し台の移動が完了すると全ての管が丸見えになりました。水とお湯の接続部を外して、蛇口を固定しているナットを外し、蛇口を台の上から取り除きました。取付部分を清掃して、新しい蛇口の取付け作業です。逆の手順ですが、蛇口を台の上に設置して台の下からしっかり固定、水とお湯の管を接続し、流し台を戻します。台の移動の際に切断した排水管は切断部分から引き直して排水栓に接続して完了です。通水して蛇口の稼働状態を確認後、お客様にも使用して頂きました。まだ上下の操作が変わって違和感があるようでしたが、毎日使っていくことで慣れるはずです。たくさんのお客様のお宅に訪問して蛇口を見させて頂きますが、まだまだ下げ吐水の蛇口をご使用のお客様が多くいらっしゃいますね。それだけ長持ちしているということですので素晴らしいことなのですが、水漏れなどのトラブルを機に交換されるかたもまた多い状況です。タオルを巻いてしのげるくらいの水漏れでよかったとお客様もおっしゃっていましたが、家じゅうが水浸しになるようなトラブルは事前に防ぎたいものです。トラブルの起こる前の事前の点検をお勧めします。