袋井市川合 高圧洗浄作業

袋井市川合 高圧洗浄作業
本日は、飲食店厨房内に設置された茹で麺機の排水管詰まり修理案件をご紹介します。修理のご依頼を頂いたのが22:00過ぎでした。不具合内容として、茹で麺機の排水を流すと下のパイプから溢れてきてしまい排水ができないので修理をして欲しいとの事でした。閉店時間後でもお伺いをして修理ができますとお伝えしましたが、明日の開店前の一番早い時間に修理に来て欲しいと言われましたので、修理には翌日の朝6:00にお伺いする事になりました。当店の営業時間は朝8:00からですが、お客様のご都合に合わせて早朝でも修理にお伺いしますし、早朝料金や深夜料金は頂いておりませんのでご安心下さい。
翌日、修理にお伺いし、状況確認の為、茹で麺機の排水を流してみました。すると流してすぐに排水管から排水が溢れてくる事が確認できました。茹で麺機下の排水管から出口の排水溝までの距離が約1Mと短く簡単に詰りが除去できるだろうと思い、トーラーと呼ばれるワイヤーの機械で詰りを除去する事にしました。ワイヤーを排水溝側のパイプより入れ込み詰りを除去していきます。しかし、地中に埋設されている排水管が細い為、曲りのパイプの部分で上手くワイヤーが入っていきませんでした。今度は茹で麺機側の排水管よりトーラーを入れてみました。しかしこちら側からも上手くワイヤーが入らず詰りを直すことが出来ませんでした。開店時間までの時間は限られていますので、お店が開店するまでに詰りを直す必要があります。すぐに高圧洗浄機を準備して作業を再開しました。高圧洗浄機とはノズルの先端から高圧の水が出て、詰まっている物を粉砕しながら詰りの除去ができ、又、トーラーに比べてホースが細く柔軟ですので曲りに強く、詰りを除去する機械では最強の機械になります。高圧洗浄機のノズルを排水溝側のパイプに入れて作業を行ったところ、白い塊がボロボロと出てきました。これは、油カスではなく、麺の粉が溶けたものが長年に渡りパイプ内に溜まり鍾乳石の様になった物でした。触ってみると石の様に硬く頑固な塊でした。何度もパイプ内にノズルを往復させ、詰りを粉砕しながら除去していきます。パイプ内に詰りがある時は水が白く濁っていたり、小さな塊が出てきたりします。水が綺麗になり、白い塊も出てこなくなりましたので、一旦茹で麺機に水を溜めて、一気に排水を行ってみました。排水管より逆流して溢れる事の無く、排水溝より勢いよく流れてくる事が確認できました。再度同じ作業を繰り返し排水テストを行い、詰りが完全に除去できた事を確認し作業終了となりました。排水テストや高圧洗浄機のかたずけまでいれて、何とかお店の開店時間前に作業が終わり無事お店の開店ができました。