藤枝市志太 トイレ水漏れ修理

藤枝市志太 トイレ水漏れ修理
本日は、一般住宅の一階に設置された使用年数約17年の洋式トイレの水漏れ修理案件をご紹介します。ご依頼内容として、便器の内側から少しずつ水が漏れるので修理をして欲しいとの事でした。現在は酷く漏れている訳では無く、緊急性がないので、お客様が休みの日に来て欲しいと言われました。できれば日曜日の朝9:00位にして欲しいと言われましたのでご予約を入れさせて頂きました。当店では、お客様が指定した日にちや時間に予約を入れる事ができますので、是非ご活用ください。修理に至るまでの経緯として、先ずは現状の確認の為、便器内を懐中電灯で照らし水漏れが良くわかる状態にして点検を行いました。確かに便器の内側に水が漏れてきていました。考えられる可能性として、ボールタップと呼ばれる給水の部品が経年劣化を起こし止水不良となり、タンク内でオーバーフローした水が排水弁を介し便器内に漏れ出してきている事と、もう一つの可能性として、ボールタップは正常に止水出来てはいるが、排水弁に付いているゴムでできたフロート弁が劣化してタンク内の水を止め切れなくなり便器の内側に水が漏れだしてきてしまっているという可能性です。次に、悪い部品を特定する為に止水栓にて止水を行い、タンクの蓋を開けて確認を行いました。すると、タンク内の水位が排水弁のオーバーフロー管ギリギリのラインまで上がってきている事が解りました。念のために止水栓を開けてみたところやはり、ボールタップから水がチョロチョロと出てきました。これでボールタップが経年劣化を起こし止水不良を起こしてしまっている事が確定しました。次に、もう一度止水栓にて止水を行い、タンク内の水が便器の内側に漏れ出してこないかを確認しました。やはりフロート弁も経年劣化を起こしているようで、便器の内側に水が漏れだしてきます。お客様のお話では今まで一度も部品を交換したことが無いと言われていましたので、タンク内心臓部の部品が寿命を迎えてしまった為、今回の水漏れになってしまった事が解りました。今回はボールタップとフロート弁の交換にて修理ができました。部品の劣化や寿命を簡単に点検する方法として、3つ方法があります。一つ目は、トイレの水を流したりしない状態でタンクに耳を澄ませる方法です。水漏れを起こしている時はタンク内からチョロチョロと水が漏れている音がしますので直ぐに解ります。2つ目は便器の内側を懐中電灯などを使い見えやすい状態で便器内に水漏れがないかを確認する方法です。便器の内側に水が漏れている時はタンク内の部品が悪くなっている証拠です。3つ目ですが、タンクの横に付いている止水栓にて止水を行いタンクの蓋を開けて確認する方法です。タンク内の水位が排水弁のオーバーフロー管の上側まで上がっていたらボールタップの故障が疑われます。又、フロート弁に関しては、直接手で触ると劣化が解りやすいです。劣化を起こしている場合はゴムが溶けて真っ黒く手に付きます。その場合はフロート弁の劣化が有るという事です。部品は消耗品ですのでいずれは壊れます。放っておいても自然に直ることは有りませんので、修理の際は是非当店をご利用して下さい。