掛川市板沢 便器交換

掛川市板沢 便器交換
本日は、一般住宅の一階に設置された使用年数が10年位の洋式トイレの交換工事案件をご紹介します。
こちらのトイレの修理には一年位前に一度お伺いしていました。その時の状況として、便器の周りが濡れているときが有るとの事で、原因は便器とタンクを繋ぐ密結パッキンの経年劣化によるもので、その時は密結パッキンを交換して修理ができました。今回も同じ様な状態になってしまうので一度見て欲しいと言われました。早速、修理にお伺いしました。今回はどこの部分から水が漏れるのかある程度予想ができました。一年位前にタンクの取付け部はパッキンを交換して修理をしてありますので再度同じ場所が劣化するとは考えにくいです。ですので、今回は、洗浄便座の故障と、給水管接続部の不良、便器排水部の故障に絞られました。先ずは給水管接続部を点検します。目視と実際に給水部を手で触り、給水管が濡れていないかを確かめます。こちらは問題が有りませんでした。次に、洗浄便座です。こちらも実際に運転し水を出し、漏れがないかを確かめます。何度かオンオフを繰り返しましたがこちらも異常が有りませんでした。念のためにタンク下の取り付け金具の辺りを手で触り、前回修理を行った部分からの水漏れが無いかも確かめます。こちらも水漏れは確認できませんでした。残るは排水部からの水漏れです。便器の周りに溜まった水をしっかりとふき取りタンクの水を流してみました。水は漏れてきませんでした。2回3回とタンクの水を流し点検しているうちに徐々に便器の周りに水がにじみ出てきました。これでほぼ排水部からの水漏れが確定しました。不良個所が特定できましたので次はどのような修理を行うかを考えます。恐らくですが、便器と床下の排水管を繋ぐ排水ソケットと呼ばれる品のパッキンが劣化して水漏れを起こしているのではないかと考えられますが、もしかするとそれ以外の部分が悪い可能性もあります。可能性として排水ソケットと排水管の接続部が悪く、水漏れを起こしている可能性です。その場合は一度、排水ソケットを排水管から切り離し、再度新しい排水ソケットを排水管に接続させる必要が有ります。お客様に状況を説明し、また修理する際の作業費や部品代金の見積もりを出して検討してもらう事にしました。お客様はホームセンターなどでトイレのリフォームに関する金額を見てきてトイレのリフォームも検討していたようで、当社でトイレのリフォームを行った場合の見積もりも出して欲しいと言われました。修理の見積もりと、リフォームの見積もりを見て検討した結果、当社でトイレのリフォームを行って頂けることになりました。やはり、使用年数が10年を超えてくると、部品が経年劣化を起こし、故障が多くなってきますので、修理をしながら使い続けるより、新しい物に交換した方が安心して使用できるのではないかと思います。各メーカーさんも年々、使いやすく経済的な商品を作っていますので、修理に思わぬ金額が掛かってしまう様な場合は一度、新品交換も検討してみて下さい。