袋井市愛野 高圧洗浄作業

袋井市愛野 高圧洗浄作業
本日は飲食店様の排水管詰まり修理案件をご紹介します。店舗様よりご連絡を頂いたのが、11:00位の事でした。不具合の内容として、厨房内に設置された排水マスが今にも溢れそうな状態なので、詰りを除去して欲しいとの事でした。現在はなるべくお水を流さずに営業を続けているそうです。お昼の一番忙しい時間帯にはなってしまいますが、排水が溢れて客席側まで行ってしまったら営業どころでは無くなってしまいますので、大至急対応して欲しいと言われました。大急ぎで現場へ向かいました。店舗に到着し、先ずは排水経路を調べます。排水経路が解らなければ詰りを除去する事が困難となってしまいます。通常は排水マスの下側より高圧洗浄機のノズルを入れて油カス等の異物を除去していきます。今回の排水経路は厨房内より出た排水が他の排水マスを経由せず直接屋外に設置されたグリストラップに繋がっている事が解りました。しかし、途中でゴミ置き場に設置された排水マスの排水管とコンクリートの下で繋がっているようでした。先ずは、グリストラップの入り口の排水管に高圧洗浄機のノズルを入れてみます。何度やってもノズルは厨房内の排水マス側へは行かず、ゴミ置き場の排水マス側へ向かってしまいます。仕方が有りませんでしたので今度はゴミ置き場側の排水マスより、高圧洗浄機のノズルを入れて試してみました。やはりノズルは厨房内の排水マスへは向かわず、グリストラップの排水管より出てきてしまいます。次に試してみたのが、厨房内の排水マスから、屋外のグリストラップに向けて高圧洗浄機のノズルを入れる事です。何度か油カスの塊に洗浄機のノズルが当たりながらグリストラップの配管より出てきましたが、詰りは除去されず厨房内排水マスの汚水は溜まったままでした。根気よく何度も試しましたが、油カスを粉砕し、詰りを除去するには至りませんでした。幸いなことに洗浄機ノズルの先端が排水管内に詰まっている油カスに汚水を通す穴を開けた様で少量ですが排水がされるようになったので、汚水が溢れだす心配は無くなりました。しかしこのままでは、大量に水を流せばキャパオーバーとなりすぐに汚水が溢れてきてしまいます。また、一時的に開けた小さな穴などすぐに塞がってしまいます。やはりここはグリストラップ側からしっかり油カスを除去してあげなくてはなりません。排水管の中を見る事ができるカメラを準備して排水管内の曲りを確認しながら洗浄機で詰りを除去していく事にしました。カメラを他の作業員に持ってきてもらう間、グリストラップ側より洗浄機のノズルを入れて少しずつ手の感触に頼り作業を進めていったところ、偶然にも厨房側へ向かう排水管側にノズルが入りそこから一気に油カスを取り除く事が出来ました。今回の様なケースは稀ですが、いつ同じようなケースにあたるとも限りませんので、今後は排水詰りの修理の際、カメラを車に積んでおいた方が良いかと思いました。また、排水管に関してですが、詰まる前に定期的なメンテナンスとして、排水管内の清掃を行った方が良いかと思います。当店では高圧洗浄機を使い、定期的な排水管の清掃も行っておりますので、ぜひご利用下さい。定期清掃の方が料金が割安となっております。