富士宮市山宮 洋式トイレ交換工事

富士宮市山宮 便器交換(作業前)

富士宮市山宮 便器交換(作業前)


水廻り修理施工後
富士宮市山宮 便器交換(作業後)

富士宮市山宮 便器交換(作業後)

本日は一般住宅の一階に設置された洋式トイレ交換工事案件をご紹介します。今回はお客様が購入されたトイレの交換です。当社では、電話での見積もりもやっていますので、ホームページをみてお客様より電話見積もりの連絡を頂きました。見積もりの精度を上げる為に、現在設置されているトイレの品番と購入予定のトイレの品番を聞きました。大まかに分けて排水芯が200ミリのタイプと、リモデルタイプと言ってある程度の排水芯の幅があるトイレがありますので、こちらをしっかり確認しておかないと床フランジの取付けが後から必要となり、追加工事となってしまったり、場合によっては設置が難しくなる可能性があります。今回は現在設置されているトイレの排水芯が200ミリでしたので、200ミリ対応のトイレをお客様が用意して頂ければスムーズに工事ができます。床もコンクリートやタイルではなく、クッションフロアでしたので1時間位の工事時間で済みそうです。

交換工事代金と廃材処分費をお客様に伝えたところもう一声安くしてもらえないかと言われました。どうやら、何社か電話で工事代金を聞いて当社が一番安い見積もりですが、他の会社と比べ驚くほど安いというわけではないのでもう一声欲しいとの事でした。当社で工事を受けさせてもらえるならと、頑張れるぎりぎりのラインまでお値引きをさせて頂き受注となりました。今回は洋式トイレの交換でしたが、トイレ以外でも、蛇口や給湯機、井戸ポンプ、洗浄便座等、お客様が用意した物の取付けのみも行っています。知り合いの方から安く仕入れたり、ホームセンターなどで購入して、取付けだけ専門業者に依頼した方がトータル的に安くなるケースがありますので、なにか水回り製品の交換やリフォームをお考えの方は何社か見積もりを取ったり、メーカーのショールームやホームセンターに行って沢山の情報を集めた上で検討された方が良いかと思います。最後にですが、今回のお客様は、トイレタンク下より水漏れが発生したので自分でメーカーに電話をして部品を取り寄せ修理をしようとしましたが、部品の供給が終了してしまった製品で、部品交換での修理が難しい為、トイレ本体の交換を考えたそうです。結果、自分で色々調べ気に入った製品を安く購入し交換工事を行った為、通常の相場より安くリフォームができたのではないかと思います。