藤枝市稲川 店舗手洗い蛇口交換

藤枝市稲川 手洗い蛇口交換(作業前)

藤枝市稲川 手洗い蛇口交換(作業前)


水廻り修理施工後
藤枝市稲川 手洗い蛇口交換(作業後)

藤枝市稲川 手洗い蛇口交換(作業後)

本日は、飲食店様のトイレ内の手洗い器に設置された蛇口の交換作業案件をご紹介します。初めに説明しておきますが、蛇口本体がまっ黒なタイプですので、交換前と交換後の写真を良く見なければ違いが解りにくいですのでご承知願います。交換までの経緯として、お店よりトイレ内の蛇口が水漏れを起こしているので修理して欲しいと連絡を頂きました。酷く漏れているわけでは無いそうですので翌日のお店が開店する前に修理にお伺いすることとなりました。お店に到着し実際に蛇口を見てみると水漏れは確認できませんでした。テストの為、何回か蛇口のハンドルを開け閉めしていたら、ハンドルを締めてもしっかりとお水が止まらない状態が発生しました。

恐らく内部部品の経年劣化だと思い蛇口下に設置されている止水栓で止水を行い、蛇口を分解し、点検することとしました。ハンドルの頭の部分は、六角レンチと呼ばれる工具で簡単に取り外す事が出来ましたが、肝心なその下の部分が長年の水垢や錆び等により中々取り外す事ができません。無理に工具に力を入れて外そうとすると状況をかえって悪化させてしまったり、違う部分からの水漏れを発生させてしまう恐れが有りましたので、作業を一旦中断し、先ずは取り替え部品が有るかを調べる事にしました。部品を特定する為には、蛇口の製造メーカーと品番が必要です。又、メーカーが解らなくても品番さえ解ればメーカーも特定する事ができます。

殆どの場合ですが、蛇口本体にメーカーのシールが貼ってあったり、直接蛇口に刻印してあります。又、品番ですが、蛇口本体の下部にシールが貼ってあります。しかし今回は、蛇口のどの部分を見てもメーカーや品番のシールが見当たりません。恐らく、まっ黒でオシャレな蛇口ですので、お店の方がもっと見栄えを良くする為にシールを剥がしてしまったのではないかと思います。これではメーカーも品番も解りませんので、部品の特定ができません。部品の経年劣化が原因で水漏れを起こしていますので、部品を交換しなければ水漏れを直す事が難しい状態です。お店の責任者の方に状況を説明したところ、同じような真っ黒の蛇口が販売されているなら新品に交換して欲しいと言われ、後日まっ黒な蛇口を用意して交換しました。普段あまり蛇口本体のシールを剥がす事は無いかと思いますが、長年使用し続けると、シール自体も劣化したり、又、水栓まわりを良く擦って清掃されるお家などはシールが剥がれてしまって無いケースがあります。ですので、蛇口を修理して長く使いたいと思っている方は、蛇口に貼られたシールの品番を控えておいた方が良いかと思います。後は保証書は必ず取っておいた方が良いです。こちらにも品番が記載されていますので、後々修理を行う際、役に立ってくると思います。