静岡市駿河区大谷 給水管補修作業

静岡市駿河区大谷 給水管補修作業
本日は一般住宅の屋外に設置された給水管の一部やり替え工事案件をご紹介します。お客様よりご連絡を頂き、詳しい状況をお聞きしたところ、屋外にある流し台に設置された蛇口の下部より水が噴いているとの事でした。幸いに流し台給水部専用のバルブが付いていた為、そちらで止水を行っている為、お家全体の給水バルブで止水を行う必要がなく緊急性は無いとの事でした。しかし、早く修理ができるなら早く来て欲しいと言われましたので、早速修理にお伺いすることとなりました。客様宅に到着し早速、水漏れカ所を調べました。保温材をはがし水を開けてみると蛇口の下にあるチーズと呼ばれる部品に穴が開いており、それが原因で水漏れを起こしている事が解りました。部品の素材は鉄管で設置されてから30年以上が経つそうです。鉄管の老朽化が進み、ここ最近の寒波で駄目になってしまった様でした。水漏れカ所が解りましたので次は修理を行います。修理の方法はいくつか有りお客様の予算や要望を聞きながら修理方法を考えます。今回は途中で塩ビ管に変換せずに鉄管を使い最短の距離で修理して欲しいとのご要望でしたので、3管ジョイントと呼ばれる部材を使い最短距離での修理を行う事にしました。先ず、穴が開いてしまったチーズの撤去を行います。サンダーと呼ばれる切断機械でチーズ付近の鉄管を切断します。その後パイプレンチを使いチーズを外します。今回は鉄管のネジがチーズ内で錆びており簡単にネジが回りませんでしたので、バーナーで炙って取り外しを行いました。チーズが外れたら今度は新品と交換を行います。次にチーズから出た鉄管を適度な長さで切断し3管ジョイントを入れ締めこみます。最後にチーズ上部の配管を行い、保温材を綺麗に巻いて凍結防止を行い作業終了です。所用時間は約1時間です。お客様の中には、ある程度の水回りの修理は自分でやってしまうという方もおられます。そういった方でもたまに自分ではできないからお願いするという方がおられます。そういった方の殆どがネジが外れないという理由です。蛇口を自分で交換しようとしたがクランク(ネジ)が固くて外れないというのがとても多いです。専用の工具を使っても中々ネジが外れない時があります。そういった時はバーナーでネジ部を良く炙って見てください。びっくりするほど簡単にネジが外れます。今回の修理でもバーナーで炙りネジを簡単に外す事が出来ました。注意点として近くに柱などの燃えやすい物があるときは濡れたタオルで養生したり、消火器を近くに置いたりして火災には十分に気を付けて下さい。