藤枝市源助 洗面蛇口交換作業

藤枝市 源助洗面蛇口交換(作業前)
水廻り修理施工後
藤枝市 源助洗面蛇口交換(作業後)

本日は一般住宅の洗面台に設置された混合水栓の交換作業案件をご紹介します。今回は電話のご依頼の時点で洗面台の蛇口を交換したいとのご依頼でした。20年位使用していてスパウトからの水漏れがとても酷い状態なので水栓を新しく交換したいとの事でした。蛇口の種類やメーカーも沢山ありますし、蛇口の形状や心芯によっては交換ができない場合がありますので、一度お伺いし交換が可能な蛇口を調べてお見積りを出す事にしました。現在設置されている蛇口は少し珍しいタイプの蛇口で頭を押すと水が出て、水が出ている状態で頭を捻るとお湯が出るというタイプの蛇口でした。蛇口自体は珍しいタイプの物でしたが、台付のツーホールタイプと呼ばれる洗面台にお湯側とお水側の2つの穴が開いているタイプで心芯が約110ミリでしたので交換が可能な蛇口は沢山ありました。基本的にはレバータイプかハンドルタイプになります。レバータイプはレバーを左右に動かす事によりお湯とお水を切り替えます。又、レバーを上に動かすとお水が出て、レバーを下に動かすとお水が止まります。次にハンドルタイプですが、左側のハンドルを回すとお湯が出て、右側のハンドルを回すとお水が出る昔ながらの蛇口です。どちらが良いかと言いますと、一概には言えません。何故なら、両方の水栓を比べた時ですがお互いにメリットやデメリットがあるからです。レバータイプのメリットですが、レバーの位置によってはお湯とお水が同時に出ますので、一度お好みの温度の位置で決めてしまえばレバーを上げるだけでいつでも同じ温度が出る為、都度の温度調整が不要になりハンドルタイプに比べて、節水効果が期待できます。又、レバーは軽いですので、小さなお子様や握力が低下してしまったご年配の方にも使いやすいと思います。逆にデメリットとして、ハンドルタイプと比べてですが、蛇口の価格が高く、倍以上の物が多い為、交換時の出費が大きくなります。又、よくある部品の故障として、カートリッジと呼ばれる部品があるのですが、こちらの部品が5,000円前後と少々高いです。

ハンドルタイプのメリットですが、定価がレバータイプと比べ、半額以下の物が多いですので、交換時の出費を抑える事ができます。又、故障時ですが、数百円の部品で直るケースが多いですので、故障時の出費も抑える事ができます。逆にデメリットですが、通常はお湯を出し、熱い時は水を出して温度調節を行い、一度止めてしまうと再度温度調節が必要となり、無駄水が多くなってしまうと言う点です。お客様のご予算やライフスタイルにあった物を選んで頂ければ良いかと思います。今回は蛇口の種類や価格、メリットやデメリットをご説明させて頂き、ハンドルタイプの蛇口を交換させて頂くことになりました。