静岡市 排水詰り修理

作業前

静岡市 排水詰り修理

作業中

静岡市葵区昭府町 高圧洗浄作業

本日は下水管詰り修理案件をご紹介します。今回の詰り修理の現場はとても繁盛している飲食店です。
日曜日の11:00位にお店より排水管が詰まって溢れてきているので大至急来てほしいと連絡が入りました。普段ならアイドルタイムという(14:00~17:00位)厨房内がひと段落した時間帯を指定するのですが、今回は日曜日のお昼時という一番厨房内が忙しい時間帯でも構わないのでとにかく早く直して欲しいと言われました。余程切羽詰まった状態だと思いました。大至急現場に到着し、厨房内を見てみると、詰りを起こした排水管の周りが水浸しになっていました。まるで池のようです。このまま水が溜まり続けお客様のフロアまでいってしまったら営業はできません。直ぐに排水管の系統を調べ詰りを起こしている場所を発見しました。
屋外にあるグリストラップの手前に設置されたマンホール内で詰まっていました。マンホールが3つあり全部蓋を開けて点検したところ2つのマンホール内で詰まりを起こしている事を確認しました。詰りの原因は油カスでした。一般家庭のマンホール内でも油カスが原因で詰りを起こす事は多々あるのですが、こちらは飲食店で規模が違いますので、詰まっている油カスの量も尋常ではありません。少しずつバールで削りながら油カスを除去していきます。油カスが徐々に減って、パイプが見えてきたところで高圧洗浄機を使用し油カスを掻き出していきます。マンホール内の油カスが除去されてくるとともに、厨房内に溢れかえった汚水も引いていきました。
マンホールから厨房へ向かう排水管内の洗浄作業も行います。折角汚水が流れるようになっても、パイプ内に溜まった油カスをしっかり除去してあげなくてはまた直ぐに詰まってしまう恐れが有ります。今回はマンホール内と排水管の油カスを高圧洗浄作業により撤去し作業終了となりました。
詰り修理に使用する機械ですが、汚水パイプ内での詰りの場合、主に高圧洗浄機やトーラーと呼ばれる機械を使用します。高圧洗浄機はノズルの先端より高圧の水を噴射させ、油の塊等を粉砕させながら詰りを除去していきます。パイプ内を何度も往復させることにより高い精度で詰りの除去を行えます。
次にトーラーですが、こちらはワイヤーの機械になっておりパイプ内にワイヤーを入れて詰りの部分で回転させる事により詰りの除去を行います。メリットとして場所を選ばず使用ができる事です。高圧洗浄機と違い排気ガスが出ませんので室内でも使用ができます。しかし、イメージ的に詰まっているヶ所にワイヤーで穴を開け、汚水を通す感じですので、高圧洗浄作業に比べ精度が落ちます。排水管内で詰まりが起きてしまった場合は高圧洗浄作業をお勧めします。