藤枝市青島 トイレ脱着作業

藤枝市青島 トイレ脱着作業藤枝市青島 トイレ脱着作業

本日は、飲食店で起きたお客様用トイレの詰まり修理案件の便器脱着作業についてご紹介します。日曜日の19:00頃に飲食店の管理者様からお電話を頂きました。営業時間中ですが、一か所しかない女性用のトイレが詰まりを起こし溢れてしまっていて、早急に修理をお願いしたいとの事でした。現状はトイレ前にスタッフを配置し、男性用トイレを共用とし、スタッフの案内で対応しているようですが、お客様も多く間に合っていないそうでしたので、急いで駆けつけました。現場に到着し、トイレにご案内頂くと、トイレの前にお客様数人の待ち状態になっていました。到着した私をお客様達が拍手でお出迎えしてくれましたので、これは急いで解決しなければと気合を入れて女性用トイレの中へ入りました。詰まりを取るために、私の到着前にお店のスタッフさんにより色々と試されたようで、ラバーカップや金属のワイヤーなどが便器の周りに転がっていました。

色々な人が入れ替わり使用するトイレですので、原因も定かではありませんし、異物が流れてしまっている可能性もありますので、お店の管理者様には詰まりが解消するまでの作業の段階についてご説明しました。まずは、異物の可能性がない場合にすぐに解決するであろうローポンプを使用しての作業、それでも解消しない場合は異物の可能性が高いので便器を取り外して異物を除去する便器脱着作業、この2段構えで作業することをご了承頂き、取りかかりました。ローポンプは注射器と同じ原理で、水を吸ったり吐き出したりすることができる詰まり除去用の道具です。便器内に押し当ててピストンを引いたり押したりと、詰まりに対して圧力をかけたり引っ張ったりして流すのですが、何回試みても流れていきませんでした。通常、トイレットペーパーや排泄物での詰まりであれば、3~10回動かす間に解決できるのですが、詰まりに押し返されているような手ごたえもありましたので、異物の可能性が高まりました。管理者様に中間報告をし、便器の取り外しに移りました。便器の上のタンクと便座を取り外し、便器の固定ネジを取った後ひっくり返しました。便器内には何もありませんでしたが、便器と排水管をつなぐ排水ソケットという土台の部分に詰まりの原因がいるのを発見しました。ビニールの袋と白い塊が見えます。排水管に落とさないように慎重に取り出すと、客席のテーブルなどに置かれている使い捨てお手拭きでした。袋は一つでしたがお手拭きは3枚分はあり、これらは水には溶けませんのでさすがに詰まってしまいます。管理者様にご確認頂き、あとは復旧を急ぐだけです。便器を戻し、タンクと便座を設置して給水管と接続してトイレ内の簡易清掃をして、無事復旧となりました。解決したことをスタッフさんが店内のお客様達に伝え、たくさんの拍手でお見送りして頂きました。不特定多数の人が使用するトイレでは、様々な詰まりが起きますが、異物を流したことによる詰まりのケースは非常に多いです。ライターや携帯電話、ティッシュペーパーやボールペン、生理用品やヘヤピンなどなど。お手拭きは柔らかいので流れると思ったのでしょうけれども、便器内の入り口よりも排水管との接続部分の方が狭く、そこを通過できないものはずっと残ります。無理矢理押し込んでしまうと排水管の先でまた詰まりを発生させることにもなりかねません。トイレに流してよいのはトイレットペーパーと排泄物のみです。プライベートスペースですのでお店側も細かくチェックできませんので、なかなか難しい問題です。トイレ内に注意喚起の張り紙をする方法もありますが、お店の雰囲気を守るために貼りたくないという店舗様も過去にいらっしゃいました。私を含め、全ての人、各々が、外出先でトイレを使用する時、酔っていてもいなくても、「自分の家ではないから…」ではなく「自分の家だと思って」気を付けて使用すること、これが一番の予防策なのです。