富士市荒田島町 蛇口水漏れ修理

富士市荒田島町 蛇口水漏れ修理外に設置された蛇口の水漏れ修理をご紹介します。結果的には修理というより本体の交換となりましたので、点検から本体交換までのご紹介となります。
故障の内容としまして蛇口のハンドルを締めても水がポタポタと落ちて止まらないのと、ハンドル上部から水が漏れてしまうという故障です。蛇口の故障ではとても多い現象です。
初めにお家の元で止水を行い、ハンドル上部を取り外し蛇口内部の点検を行いました。
水がポタポタ止まらない原因の点検として、皆さんがよくパッキンと言われる部品(ケレップ)に摩耗や切れが無いかを確認します。次にケレップが当たる蛇口本体の台座部分の摩耗が無いかを懐中電灯等の光を当てながら確認します。次にハンドル上部からの水漏れを調べる為にハンドル上部に取り付けてあるパッキンの劣化が無いかを調べます。この時にパッキンが劣化していると手が真っ黒くなります。これはパッキンのゴムが溶けて手に付くからです。蛇口本体の台座部分は、何千回とハンドルを開け閉めしているうちに徐々に摩耗してきます。さらに、皆さんがよく言われるのが、水の止まりが悪くなってきたのでハンドルをきつく締めているうちにだんだん悪化したとおっしゃいますが、この現象は気のせいなのでは無く、ハンドルをきつく締め付けると蛇口本体の台座の摩耗を加速させたり、ケレップを痛めてゴムの部分が切れたりして起こる現象です。
金属の摩耗はないか、パッキンに亀裂や劣化はないかをよく見て修理の方法を考えます。
今回は台座部分の激しい損傷や摩耗は確認されませんでしたが、ゴムの消耗品(パッキン)の劣化とスピンドルの摩耗が確認できました。
点検が終わり状況をお客様に伝えたところ、もう18年近く使っているので新品が在庫であるのなら交換して欲しいと言われました。
当店では需要が高い蛇口を何種類か車内在庫として持っておりますので、その場ですぐに蛇口を交換することができました。