島田市伊久見 トイレタンク水漏れ修理

島田市伊久見 トイレタンク水漏れ修理
今回はトイレタンク内の水漏れ修理案件をご紹介します。
はじめにですが、トイレタンク内のほんの少しの水漏れを、一般の方がいち早く察知するのはとても困難だと思います。
なぜなら、普段トイレタンクを開けて中を覗く機会は殆ど無い為、視覚による水漏れの発見が難しく、又、少量の水漏れならばジャバジャバと音がして聴覚による発見も困難だからです。
どんな水漏れや故障にも当てはまるのではないかと思うのですが、急に大量の水が漏れたりバッテリー切れを除けばいきなり機械が動作しなくなることは無いかと思います。必ずと言ってもよいほど何かしらの故障の前兆が有るはずです。
機械であれば、異音がし始めたり、煙が出始めたりです。トイレに関しても同じことが言えます。
今回の故障では、お客様がトイレ便器の中にいつも水がチョロチョロ流れている事に気が付いてご連絡を下さいました。
実際にタンク内を点検したら、ボールタップというタンク内にお水を供給する部品と、フロートバルブというタンク内のお水を排出したり溜めたりする時に動く弁が経年劣化を起こしていることが解りました。
先ずはボールタップですが、お水を供給したり止めたりする弁で、何千回と開閉しているうちに弁か摩耗したり劣化を起こしてきます。消耗品ですので使えば使うほど消耗や劣化のスピードが速いです。この部品が劣化してくるとお水をピタッと止める事が出来ず、はじめはポタポタとタンク内で水漏れを起こします。そのうちに劣化が進行してくるとポタポタからツーと糸を引く様な形で水が漏れます。最後にはもっと多く水が漏れる為、音で異変に気が付いたりタンク内で溜まって規定の水位をオーバーした水がオーバーフロー管を通り便器内に出てきます。そうなれば目で水漏れを確認する事ができます。
次にフロートバルブですが、こちらはゴムの弁ですので、長年タンクのお水に浸っているうちにだんだん溶けてきます。タンク内に手を入れて直接触ってみれば解りやすいはずです。手が溶けたゴムでまっ黒になります。そうなってしまいますとフロートバルブも寿命が近くしっかりとタンク内の水を止める事ができませんので弁の隙間から出た水が便器内に染み出てきます。
ボールタップと排水弁(フロートバルブ)はタンクの心臓部としてとても重要な部品です。
こちらの部品がまだ大丈夫かを簡単に確認できる方法として、タンクの蓋をほんの少しでいいですので開けてみてボールタップから水が漏れていないかを目視する方法と、フロートバルブに関しては便器の内側に黒い線が付いていないかを目視する方法です。もし黒い線が付いている場合はフロートバルブが溶けている証拠ですので、早めの修理やメンテナンスをお勧めします。
今回はボールタップとフロートバルブの交換により修理が完了しました。