沼津市共栄町  厨房内排水詰り修理

沼津市共栄町  厨房内排水詰り修理
今回は店舗様の厨房内排水管詰まり修理の事例をご紹介します。お店の排水は、一般家庭と違い油カスがよく溜まります。そのため、排水管内を定期的に高圧洗浄をかけ油カスを除去するメンテナンスをおこなったり、グリストラップという装置で汚水を水槽内に溜め、油を分離させてから下水管に流したりします。
今回は店内に設置されたグリストラップ内の水位が高くなる時があり、グリストラップから外までの排水管が詰まり始めているのではないかという事で呼んで頂きました。
恐らく油カスが排水管内にこびり付いてしまいパイプの内径が細くなっている為、少量のお水では流れていきますが、大量にお水を流すとキャパオーバーとなってしまい、逆流を起こしグリストラップ内の水位が上昇するものと推測されます。
初めに店内のグリストラップを開けて詰りの状況を確認してみました。一般住宅の排水マスは台所近辺の屋外に設置されている事が一般的です。店舗の場合は店舗裏の目立たない場所に設置されている事が多いです。しかし今回は店内に設置されています。グリストラップの蓋を開けて排水管と点検したところ水位に異常は有りません。
しかしお水を3分位流し続けると少しずつグリストラップ内の水位が上昇してきます。
排水管内の詰りを除去する方法として一般的に多く使用される機械として高圧洗浄とトーラーがあります。
高圧洗浄機とは排水パイプ内を高い水圧により油カス等の頑固な汚れや詰りを洗い流し詰りを解消させる機械です。
詰りを解消させるには高圧洗浄機のほかにトーラーと呼ばれるワイヤーのお化けのような機械もあるのですが、一般的にトーラーの場合、油カス等で詰まってしまった排水パイプ内にお水が通る穴を開ける要素が強く、油カスや汚れを根本的に取り除くわけではありませんので、一時的には排水の流れが改善できても時間が経つとまた同じように排水不良を起こしてしまうケースがあります。
今回は高圧洗浄機ではなくトーラーを使用しました。理由として、高圧洗浄機は排気ガスが出る為、室内での使用ができません。通常は室外に高圧洗浄機を置きホースを店内に伸ばして使用します。しかし今回は高圧洗浄機をお店の外に設置するとホースを伸ばしてもグリストラップまで伸ばす事ができなかった為、トーラーの使用となりました。
トーラーは電気式の機械の為、電源さえあればどこでも使用する事ができます。
お水を出してグリストラップ内の水位を上げたままトーラー作業を行います。しばらくするとお水を出したままでもグリストラップ内の水位が下がり正常な水位に戻りました。これは排水管内の油カスがワイヤーにより削除され流れがもとに戻ったという事です。最後にトーラーを引き抜きお水を5分位流したままグリストラップ内の水位が上昇してこないかの確認を行います。5分経っても水位は上がってきませんでしたので、今回の作業は終了となりました。