富士市岩本 高圧洗浄作業

富士市岩本 高圧洗浄作業
今回は一般住宅の高圧洗浄作業をご紹介します。高圧洗浄作業とは、高圧洗浄機を用いた排水管の詰まり除去や、定期的な排水管内の清掃メンテナンスを行う作業です。店舗などでは排水管内に油カスが溜まり易く又、一般家庭でもお台所の排水系等に油カスが溜まりやすいため油カスが原因で排水詰りを起こしてしまった場合は高圧洗浄機を用いた詰り除去作業がとても有効になります。排水管の詰まり除去にもう一つ有効な機械(トーラー)があるのですが、こちらは大きなワイヤーをパイプに通し詰りを除去するのですが、詰まっているヶ所に対しては有効なのですが、パイプの内側にこびり付いた汚れや油カスまでは除去できませんので、必ずというわけではないのですが、一時的に詰りが解除できても短期間のうちに詰りが再発してしまうリスクがあります。それに対し高圧洗浄機は詰り除去とともに、パイプの内側に付いた汚れや油カスも洗いだしてくれますのでトーラー作業に比べ再び詰まりを起こしてしまうスパンが長いです。一度高圧洗浄でパイプ内を綺麗にしても、年数が経てば汚れや油カスが溜まってきてしまいますので定期的にパイプの洗浄を行うと詰りを未然に防ぐ事ができます。
今回の詰りヵ所は、洗面台下の排水管でした。少量の水を流した時は溢れてこないのですが、たくさん水を流すと泡とともに溢れてくるという状態です。外の排水マスを開けて点検しましたが殆ど汚れは確認できませんでした。どうやら、パイプ内が長年の石鹸カスや髪の毛とうの汚れにより狭くなってしまっているみたいです。
今回の詰りでは、トーラーより高圧洗浄機でパイプ内を洗浄した方が効果が見込めそうでしたので、高圧洗浄作業を行いました。先ずは外の排水マスから宅内に向けて洗浄を行います。思っていたほど汚れが出てきませんでした。
トイレのパイプと違って洗面のパイプは細いですので、汚れが溜まってくると流れが悪くなりやすいのかもしれません。
次に、宅内側から洗浄作業を行います。ここで注意しなければならないのが、洗浄機のノズルをパイプ内にしっかり入れて雑巾等で抑えておかないと汚水が逆流して床が水浸しとなってしまうという事です。マンションやビルなどで床を水浸しにしてしまいますと、階下漏水を起こし、下の階に被害がおよんでしまう恐れがありますので注意が必要です。
今回は比較的に詰りが軽度でしたので一時間程度で作業を終える事ができました。
また、最後の確認として、洗面からお水を沢山流し、外の排水マスから勢いよく出てくることも忘れてはいけません。
最後にですが、今回のお宅はお家を建てて約20年一度も排水管や溜マス内の清掃を行った事がないそうです。
定期的にパイプ内の洗浄を行う習慣がありませんので仕方がないかと思いますが、長い期間清掃を行わないと、いざ詰まった時に除去作業が大変となり時間と費用が掛かってしまいますので、定期的に排水管の高圧洗浄をメンテナンスとしてやった方が良いかと思います。メンテナンスとしての高圧洗浄作業でしたら、時間も費用もだいぶ抑える事ができます。
メンテナンスを希望される方は、是非当店までご連絡を下さい。無料でお見積り致します。