島田市 御請トイレ給水管水漏れ修理

島田市 御請トイレ給水管水漏れ修理
今回はトイレ給水管の水漏れ修理案件をご紹介します。水漏れを起こしたヶ所は洗浄便座の給水部分です。
修理に訪ねた際は既にお客様がご自身で応急処置を行っており、水漏れは収まっていました。
お客様に当初の詳しい状況をきいたところ、洗浄便座の給水管が外れて水が全開で噴きだし、あたり一面水浸しとなってしまったそうです。なにかご自身が給水管を触っていたわけではなく、突然の出来事のようです。
すぐにタンク横にある止水栓を締めてお水を止め、テープをガチガチに巻いて応急処置をされていました。
突然この様な状況になってしまうとびっくりしてしまうと思いますが、タンク横にある止水栓をマイナスドライバーか、工具が無ければ十円玉でも構いませんので締めれば水は止まります。止水栓が硬化して閉まらない時は、お家の元バルブ(給水メーター)で止水を行うこともできます。元バルブで止水を行った際はお家中の全てのお水とお湯が出なくなってしまいますのでご承知下さい。
今回なぜこの様な状況になってしまったのかを調べる為に、お客様が補修したテープをはがして給水の接合部分を調べてみました。すると給水接合部を止めるプラスチックの金具が緩くなっていることが解りました。恐らく、この部分が緩んで給水管内にかかる水圧に負け外れてしまった事により給水管も外れ水が噴きだしたものと思われます。
こちらの洗浄便座は10年位使用されていますが、本体の故障や水漏れは無く、品番から部品が特定出来ましたので部品を取り寄せて後日修理することとなりました。
今回の様な故障はあまり多くはないかと思いますが、明らかに部品の劣化によるものです。
水廻りの部品や消耗品に代表されるものとして、多くの方が聞いたことが有ると思いますがパッキンという消耗品が有ります。蛇口に使用されているパッキンが劣化してくると、パイプの隙間から水がポタポタ漏れたり、蛇口のハンドルを締めてもしっかり水が止まらなかったりします。パッキンが劣化したことにより水が噴きだしてしまったという話は聞いたことが有りません。
多くの水漏れの場合、少しずつ症状がみられることが一般的です。しかし、今回の様の様な部品が劣化してしまうと一気に水が噴きだしてしまう事もあります。一般住宅の水廻り設備に関しては壊れてから水道屋を呼んで修理や交換をされる方が殆どではないかと思います。しかし壊れる前に定期的なメンテナンスとして消耗品は定期的に交換していれば突発的な故障も少なくなると思いますし、メンテナンスを行っていないものと比べて安心して長く使用する事ができます。
当店では修理以外でも定期的なメンテナンスサービスも行っておりますので、是非一度ご利用下さい。