富士市神谷 ワンホール水栓水漏れ修理

今回は飲食店厨房内に設置されたレバー式混合水栓の水漏れ修理をご紹介します。使用年数が10年位で今まで一度も故障が無く、修理履歴が無い蛇口です。今回は水栓本体の交換を行いましたので、点検から作業終了までのご紹介をさせて頂きます。
故障の内容としまして、蛇口のレバーを止める位置にしてもポタポタと水が止まらない状態とレバーの下から水が漏れるという故障です。
レバー式の蛇口の場合、大抵が蛇口の中にあるカートリッジという心臓部の部品の経年劣化により、この様なポタポタと水が止まらない症状や隙間からの水漏れが発生します。ハンドル式の蛇口の場合では、パッキンと言われる部品(ケレップ)に摩耗や切れが発生するとこの様な状態になります。
今回はカートリッジを交換し修理を行おうとしましたが、通常は蛇口本体に記されている品番が解りませんでしたので部品を特定するのに時間が掛かり走でしたのでその旨をお店の責任者の方に伝えたところ、本体を交換して欲しいと言われたので、本体交換となりました。
恐らく、長く使っているうちにシールが剥がれてしまったのではないかと思います。品番もメーカーも解らないけど、どうしても部品を特定し、部品交換を行いたい場合は蛇口の写真を撮って各メーカーさんに写真を送れば調べてくれます。どのメーカーさんもとても親切で色々調べて情報をくれますので安心です。

富士市神谷蛇口水漏れ修理(作業前)
水廻り修理施工後
富士市神谷蛇口水漏れ修理(作業後)

今回は10年位の使用年数でしたが、一般住宅と違い、会社や店舗など、使用頻度が多い場合は部品の消耗が早い為、寿命も短くなってしまいます。又、蛇口などの水廻りの物は皆さん半永久的に使えると思っている方もいらっしゃるかとおもいますが、必ず寿命はあり、メーカー発表では大体10年位が寿命だと言っています。

当店では需要が高い蛇口を何種類か車内在庫として持っておりますので、その場ですぐに蛇口を交換することができます。

蛇口にも寿命がありますので、本体側の摩耗や損傷が見られた際は、新しい蛇口に交換したほうが安心してお使いいただけるのではないかと思います。