富士市大渕 洋式トイレ詰り修理

今回は洋式トイレ交換工事案件をご紹介します。先ずは詰り修理の説明ですが、汚物や異物が詰まっている場所によって修理や使用機材が変わってきます。大まかにですが、詰まる場所として、便器の中か排水管かに分かれます。

便器の中での詰りの場合、大半がローポンプという機械で詰りが解消できます。稀に便器の中に携帯電話を落としてしまったとか、誤って生理用品を流してしまったというケースがありますが、この場合は便器の脱着を行えば異物を取り除く事ができます。しかし、便器を出た排水管内での詰りに対してはこれらの作業では詰りを解消する事ができません。

修理の方法として屋外の排水マスよりトーラーというワイヤーの機械か、高圧洗浄機という配管内の汚物を洗い流す機械を用いる事が一般的な作業となります。今回は便器内での詰りでしたので、ローポンプを用いた詰り除去作業となりましたので、作業までの流れをご紹介します。(最終的にはトイレ交換工事となっています。)

お客様より一階のトイレが詰まってしまったのですぐに来て欲しいと連絡がありました。時刻はお昼過ぎです。

2階にもトイレがあるのですが、そちらは詰まっていないようです。

点検の前にお家の方に細かい状況を確認したところ、以前からトイレをよく詰まらせてしまうとの事です。

3か月に一度くらいのペースでトイレが詰まりその都度、お家の方が市販のラバーカップを使い詰りを除去してきましたが、今回はラバーカップを使っても詰りが解消されない為、当社を呼んだそうです。

一応、念の為にご年配の方用のパットの詰りの可能性が無いか確認したところ、可能性は大いに有るとのご返答でした。

もし、ご年配者用のパットが詰りの原因だった場合、ラバーカップやローポンプでの詰り解消は非常に難しいです。

富士市大渕トイレ詰り修理(作業前)
水廻り修理施工後
富士市大渕トイレ詰り修理(作業後)

その場合、便器を外して直接便器の裏側から異物を除去する方法が一般的です。便器脱着作業の場合、通常の詰り除去作業に比べ、時間も費用も掛かってしまいます。お客様から情報を頂いた後以前から詰まりがよく起きるとの情報が気になりましたので外の排水マスを点検することにしました。蓋を開けて点検しましたが、こちらでの詰りは確認できませんでした。。

この時点でほぼ排水管側の詰りではなく便器側での詰りということが解りました。

詰りの場所が解れば後は修理の方法です。ご年配の方のパットでの詰りの可能性がありましたが、まずはローポンプで詰り除去を行います。簡単な詰りであれば1~2分位で詰りが除去できます。今回はなかなか詰り除去ができず、お家の方と便器の脱着をおこないましょうかと話している間に詰りが除去されました。どうやらパットが原因ではなかったようです。

恐らく便が粘土状になり便器内に残ってしまった事が原因であったのではないかと推測されます。

テストの為何度かペーパーを流し、流れる事を確認し作業終了となりました。作業終了後、お客様より便器の交換はいくらくらい費用が掛かるかを聞かれ予算内のようでしたので最終的には便器交換となりました。どうやらトイレの調子が悪いので交換を検討されていた様です。後日、便器交換作業を行いました。