静岡市葵区相生町 トイレ水漏れ修理

静岡市葵区相生町 トイレ水漏れ修理
本日は、店舗内に設置されている洋式トイレの水漏れ修理案件をご紹介します。お客様より修理のご依頼を頂いた際、詳しい状況をお聞きしたところ、便器が設置してある後ろの壁側から水が漏れてくるとの事でした。また、壁の中から水が漏れている様にも見えると言われました。壁の中から水が漏れるなら、給水管から水が漏れているのではないかと思いました。現場を見て点検をしてみないことには故障個所が特定できませんので、直ぐに現場に急行し漏水調査を行う事にしました。店舗に到着しトイレ内に案内してもらい早速調査開始です。幸いなことにこちらのトイレは多目的のトイレとなっており、利用するお客様は少なく、女子トイレと男子トイレはそれぞれ設置されている為、じっくりと漏水調査を行う事ができました。先ずは現在、どこの部分が濡れているかを確認します。便器の全面や側面は濡れていません。やはりお店の方が言うように便器の後ろ側が濡れていました。給水管の水漏れか、排水管の水漏れかを確認する為に、便器の後方の水を綺麗にふき取ります。しばらくは便器内に入り込んだ水が染み出てきましたが、何度かふき取ってみたら水が出てこなくなりました。新に水が染み出てくる様子は有りませんでしたので、この時点で給水管での水漏れの可能性が低くなりました。どうしてかと言いますと、給水管で水が漏れているならば、例え少量の水でも常に漏れていますので、時間が経てば便器の隙間や壁の隙間から漏れてくるからです。ですので今回の水漏れは排水の水漏れの可能性が高くなりました。今度は、トイレの水を流してみます。2回流しましたがどこからも水が漏れてきません。3回4回と続けて水を流してみるとようやく便器後ろ側の壁の中から水がしみだしてきました。恐らく、トイレ内の見栄えを良くするために給水部や便器に繋がる洗浄管を壁の中に隠しているタイプで、洗浄管のパッキンの劣化等でトイレの水を流した際、少量の水がもれ、その水が洗浄管を伝わり壁の中の床面に落ち、溜まった水が便器後方の壁の中からしみ出してきているのではないかと思いました。便器後ろの壁側に点検口が有りましたので扉を開けようとしましたが鍵がかかっており開ける事ができませんでした。お店の方に事情を説明し、鍵を探してもらいましたが見つかりませんでした。メーカーに連絡し、鍵を借りようとしましたが、沢山鍵の種類があるそうで、実際に扉をメーカーの方が見て判断しないと鍵の特定ができないと言われました。扉さえ開けてしまえば修理自体はとても簡単な修理になるかと思いましたので、今回はお店側としても2回も3回も来て修理に時間が掛かってしまうより、1回で修理が完了した方が良いのではないかと判断し、メーカーに修理依頼を出してもらう事にしました。修理業者以外の方がトイレの点検口を開ける事はまず無いかと思いますが、故障して修理が必要な際は、点検口の鍵は必ず必要になってきますし、保証書などもきちんととっておけば、何か修理が必要になった時は色々な情報も記されていて修理の手配が楽になりますので、どこか解る所に保管しておいたほうが良いと思います。