富士宮市大宮洋式トイレ詰り修理

富士宮市大岩洋式トイレ詰まり修理
今回は洋式トイレの詰まり修理をご説明します。
始め一般のお客様からトイレが詰まってしまってお水が溢れそうにだから直して欲しいと電話を頂きました。
お客様宅に急いで向いトイレを見せてもらいました。少しお水は引いていましたが、試しに少しお水を流してみたら水位が上がってきました。
やはり詰まっている状態です。
今回は便器の中で詰まっていると思いましたが、念のために外の排水マス(点検口のようなもの)を開けて見てみました。
思っていた通り外の排水管の詰まりではありませんでした。
今回は便器の中で詰まっている状態です。
ただ便器の中で詰まっていても手で届く範囲に有るかもしれないため、一度手を入れて確認してみました。手で届く範囲であれば汚物を掻き出して詰りを解消する事ができるかもしれません。
しかし今回は便器の奥の方で詰まっている様子でした。こうなると機械を使うしかありません。
すぐにローポンプという機械を持ってきて作業にあたりました。
便器の上から何回圧力をかけても、一向に詰りが抜けていきません。
何度も圧力をかけていくうちに、お水は少しずつ抜けていくようになりましたが、やはり何かが詰まっています。
お客様に事情を説明し、便器脱着を行うことになりました。
便器を外し裏返して中を確認してみると、爪楊枝が引っかかっており、爪楊枝にトイレットペーパーや汚物が絡まってしまい詰まってしまいました。トイレの水を流すと水位が上がってくる原因でした。
爪楊枝を取り除き便器を元の状態に戻し終了です。
もし御自宅のトイレが詰まってしまう事がありましたら、一度ホームセンターなどに売っているラバーカップを使ってみるといいと思います。専門業者を呼ぶと時間がかかってしまいトイレに行くことを我慢しなければいけないので、簡単な詰りでしたらラバーカップで詰りを除去することが出来るので一度お試しください。
それでもどうしても手におえない時は一度私どもにご連絡ください。