富士宮市阿幸地蛇口水漏れ修理

富士宮市阿幸地蛇口水漏れ修理
今回は蛇口水漏れ修理を紹介します。
店舗様より蛇口が水漏れしているので修理して欲しいと依頼を受けました。
電話を頂いて直ぐに店舗に向かいました。
店舗に到着して従業員の方に案内して頂き、水漏れしている蛇口を見てみると、想像していたより酷い状態でした。
蛇口は昔からあるハンドルタイプの蛇口で、ハンドルがちゃんと閉じていないのかお水がずっと出ていました。蛇口が有った場所は厨房でしたので止水栓が有るかもしれないので厨房下を覗いてみました。止水栓が付いていたので一度お水を止水栓で止めておき、蛇口の点検をしました。
蛇口を一度分解して原因を調べてみました。
今回は蛇口のスピンドルと蛇口の中にあるコマパッキンが劣化していたため水漏れが起きました。
まずスピンドルの螺旋状に出っ張っている部分があります(螺旋状になっている部分が有るのでハンドルを回しお水を止める事ができます)この螺旋状の部分が何回も開け閉めしている事により擦れて摩耗し無くなってしまうことにより、ハンドルが最後まで閉じず空回りしてお水が漏れてしまうことが原因でした。
それともう一つコマパッキンのゴムの部分が潰れてしまい、ゴムの部分だけが新品に比べるとだいぶ摩耗している事が原因でもありました。
今回はスピンドルとコマパッキンを交換してあげ、通水して水漏れしてないか確認して終わりです。
パッキンが摩耗してくると軽くハンドルを締めても蛇口の中の水の通り道を完全に塞いではくれないため水がポタポタと漏れしてきます。
ポタポタと水が漏れてくるとハンドルを強く締めて水を止めようとしますが、強く締めるのはお勧めしません、強く締める事により蛇口が傷んで酷い水漏れになる事が有ります。
蛇口は半永久的に使えると思っている方が多いですが、寿命は有ります
特にご家族が多く使用頻度が高い場合、その分本体の消耗が早く寿命も短くなりがちです。
パッキン等の部品を交換しても水漏れが治らない時は、蛇口本体の寿命ですので蛇口本体の交換が必要です。