沼津市旭町洋式トイレ詰まり修理

沼津市旭町洋式トイレ詰まり修理
今回はトイレ詰りの修理の説明をします。
一般お客様の洋式トイレが詰まって溢れてしまっているので、すぐに来てほしいとの電話が有りました。
至急お客様のお宅へ伺わせていただき、すぐにトイレを点検させてもらいました。トイレに入って便器を見てみると、もう少しで便器からお水が溢れそうなくらい便器内の水位が上がっており明らかに便器内で詰まっている状態でした。
お客様にお話を聞いてみると、トイレを使用したあとお水を流したらいきなりお水が溢れそうになってしまったそうで、何か特別硬い物など流していないと言われました。
修理方法を考えるため、まず便器内の水を汲みだして、長いゴム手袋を装着して便器内に手を入れて調べてみました。手を入れてすぐの場所で詰まっているのなら、搔き出してあげればそれだけで詰りは解消されます。
しかし手を入れても何もないため、便器内の奥の方で詰まっていました。
今回は便器内の奥の方で詰まっていると思われるため、ローポンプを使い詰りの除去をすることにしました。ローポンプで3回ほど水圧を掛けてあげると、詰りは解消されました。
私達が使っているローポンプという専門の道具を使う事であっという間に詰りが除去できます。
ラバーカップで詰りが除去できない場合は無理をせずに専門の業者を呼んだ方が良さそうです。
殆どのトイレ詰りはこのローポンプで解決できます。
詰りを除去した後、床と便器をきれいにして帰りました。
詰りにも色々あり便器内で詰まっていれば今回使ったローポンプを使い直す事ができますが、万が一気づかない内に何か硬い物が便器に落ちていまい、お水を流してしまうと、便器内で引っかかり詰まってしまう事が有ります。それではローポンプを使っても詰りは解消できません。その時は一度便器を外して詰まっているものを取り除いてあげる事しかできません。今までにも、いろいろな物が出てきました、小さい物で爪楊枝や大きい物ではトイレットペーパーの芯あと解りにくい物でブルーレットなどに使われている、透明な包装紙などがあります。ご自分では気づかない内に落としてしまっていることがあります、今一度お水を流す前に一度確認してから流すようにしてください。詰まってしまってからでは手遅れです。
トイレが詰まってしまった時には、一度当社にご連絡ください。