浴室蛇口部品交換

藤枝市 浴室蛇口水漏れ修理
一般のお客様が浴室で使っている蛇口から水が漏れてしまうとの事で呼んで頂きました。
急ぎお宅を訪問してみると、賃貸のマンションやアパートなどでよく使われているハンドル式の浴室蛇口でした。
水漏れ具合はハンドルを締めてもポタポタと水が漏れている状態で、まだ軽めの水漏れでした。
すぐに点検させていただき原因をしらべました。調べる時にお客様に、蛇口の使用年月、使用人数、今までの修理履歴などお伺いしましたが、今回は賃貸物件のため使用年数、修理履歴などはわかりませんでした。
ただ、ご家族が多いため使用頻度は高いため、パッキンの劣化ではないかと思いました。
まず外に出て家全体の水を止めさせていただき蛇口を分解して調べてみると、やはりパッキンが摩耗していました。
水の方のパッキンを交換して通水してみると、まだ蛇口から水がポタポタと漏れていました。お湯の方もパッキンが摩耗していたみたいで両方交換することになりました。
賃貸物件のため、以前住まれていた方や、お客様が長年使用していたため、ハンドル部分が大変汚れていたので、ハンドル部分も交換をお勧めしました。
今回はパッキンとハンドルの交換で直す事が出来ました。
パッキンが摩耗してくると軽くハンドルを締めても蛇口の中の水の通り道を完全に塞いではくれないため水がポタポタと漏れてきます。
ポタポタと水が漏れてくるとハンドルを強く締めて水を止めようとしますが、強く締めるのはお勧めしません、強く締める事により蛇口が傷んで酷い水漏れになる事が有ります。
蛇口は半永久的に使えると思っている方が多いですが、寿命は有ります。
特にご家族が多く使用頻度が高い場合、その分本体の消耗が早く寿命も短くなりがちです。
パッキン等の部品を交換しても水漏れが治らない時は、蛇口本体の寿命ですので蛇口本体の交換が必要です。