洋式トイレ詰り修理

静岡市駿河区東新田洋式トイレ詰まり修理
一般のお客様より洋式トイレが詰まってしまったので直して欲しいと電話を頂きました。
電話にて事情をお聞きしたところ、以前から詰りやすいそうです。
詰まってしまう度にお客様がが、市販のラバーカップというトイレの詰りを除去する道具で詰りを直していたそうです。
今回もお客様がラバーカップを使い、詰りを直そうとしましたが、何回やっても詰りが直らず慌てて専門業者の当社に電話を掛けたそうです。
お宅に急行し、トイレを見たところ、少しお水は引いていましたが、試しに少しお水を流してみたら水位が上がってきました。
やはり詰まっている状態です。
お客様のお話では以前から何度も詰まっている様ですので、今回は便器本体の詰りではなく、外の排水管の詰りではないのかと思い、初めに外の排水マス(点検口のようなもの)を開けて見てみました。
予想通り外の下水管内での詰りでした。
外の下水管内で詰りを起こしてしまうと便器でお水を流しても汚水が逆流してしまい、流れていきません。
また、便器の先の排水管の中が汚水で一杯になってしまっていますので、いくら便器側で道具や機械を使っても詰りを除去することはできません。
今回は下水管内の詰り除去ですので、専門の機械(高圧洗浄機)を使い難なく詰りを除去しトイレを安心して使用できるようになりました。
皆さんのお宅でも、トイレが頻繁に詰まってしまう様なら一度、外の排水マスの蓋を開けて点検してみたらいかがでしょうか。
排水系の設備が老朽化してくると、パイプが破損したり、排水マス自体がヒビ割れて、その隙間から木の根っこが入り込み詰まらせてしまっている場合があります。
どうしても手におえない時は一度私どもにご連絡ください。