蛇口部品交換

静岡市葵区田町蛇口部品交換
一般のお客様が台所で使っている蛇口から水が漏れてしまうとの事で呼んで頂きました。
急ぎお宅を訪問してみると、昔からよく使われているハンドル式の台所蛇口でした。
水漏れ具合はハンドルを締めてもポタポタと水が漏れている状態で、お客様が「夜寝ているとき音が気になって眠れないからどうにかしてほしい」と言われました。
すぐに点検させていただき原因をしらべました。調べる時にお客様に、蛇口の使用年月、使用人数、今までの修理履歴などお伺いして原因を突き止めました。
お客様の蛇口は、15年程使用し、ご家族が5人、水漏れは今回が初めてのお客様でしたので、恐らくはスピンドルの摩耗が原因ではないかと思いました。
蛇口を分解して調べてみると、パッキンは多少摩耗していましたが、スピンドルの螺旋状になっている部分がかなり摩耗していた為、ハンドルをきつく締めても水が通る穴をしっかりと塞いでくれないことが原因でした。
比較的修理が簡単な蛇口です。
蛇口の部品の一つスピンドルを新しい物に交換してあげることで直ります。
ついでに皆さんがよくパッキンと呼んでいる部品(ケレップ)を交換して終了です。
蛇口は半永久的に使えると思っている方が多いですが、寿命は有ります。
特にご家族が多く使用頻度が高い場合、その分本体の消耗が早く寿命も短くなりがちです。
パッキン等の部品を交換しても水漏れが治らない時は、蛇口本体の寿命ですので蛇口本体の交換が必要です。