フレキパッキン交換

静岡市清水区船越給水管水漏れ修理
今回は飲食店様の厨房内シンク下に設置されている、給水管から水か漏るから修理して欲しいという依頼でした。
厨房内ですので、忙しい時間帯を避けるため、飲食店様の営業前からの作業となりました。
水漏れカ所を確認する為、止水栓をひねり、お水を出してみますと、水が漏れるというより水が噴くという状態です。
原因は簡単です。フレキ管を接続する為についているナットの中にパッキンを使用しています、このパッキンが経年劣化してその隙間からお水が漏れていました。
フレキ管とは、水が通っている管(給水管といいます)と給水管の間を繋ぐ物です。よく使われているヵ所が給水管と蛇口の間使われています。台所や洗面台の下の扉を開けて覗いてみると分ります。材質はステンレスでできているので腐食しにくいです。
フレキ管も長年使っていると、腐食してきます。あとフレキ管自体が割れてしまい隙間ができ、その隙間からお水が漏れます。
今回の修理内容として、パッキンを新しい物に替え、取付けて完了です。
パッキンが劣化してくるとだんだん溶けて小さくなってきます、すると隙間ができそこから水漏れを起こします。
パッキンは消耗品です10年に一度は交換してあげてください。
パッキンはご自分で交換できます。水回りの色々な箇所で使われていますので交換する機会が有ると思います。
パッキンにもいろいろと種類が有ります、蛇口の中に使われているものや給水管の繋ぎ目に使われているものと見た目も違いますので、ご自分で交換する際には、間違えないようお気を付けください。
パッキンはお近くのホームセンターに売っていますのでお買い求めの際はホームセンターにいかれるといいと思います。
もしご自分では難しいと思われたなら我々がすぐにお伺いできますのでお電話して下さい。