台所蛇口水漏れ修理

静岡市葵区大岩台所蛇口交換

静岡市葵区大岩台所蛇口交換


一般のお客様より、台所の蛇口のハンドルが空回りして水が止まらないから修理して欲しいとお電話を頂きました。
さっそく現場に急行し点検したところ、想像していたより水漏れがひどい状態でした。
すぐに台所下にある止水栓で水を止めました。(止水栓はどのご家庭にも設置されています)
普通にハンドルを締めてもポタポタと水漏れするので、かなり前からハンドルをきつく締め我慢して使われていた様です。
まず蛇口を分解してみました、するとスピンドルという部品がぼろぼろでした。スピンドルとはハンドルの中にある軸の様な物で先端にネジ巻の様な螺旋状になっており、その先にパッキンが付いています。水を出したい時ハンドルを回すとスピンドルが上へずれて水が出てきます、逆に水を止めるときスピンドルが下にずれ水を止めます。
今回スピンドルのネジ巻の部分が削れて無くなっていました。
蛇口本体も約25年と長く使われており、初めは部品交換を希望されたのでスピンドルを交換してみました。しかしそれでもハンドルの空回りは新しいスピンドルを交換しても直りませんでした。それは蛇口本体の中にも螺旋状のネジ巻があり、その部分がスピンドルと削り合い無くなっていた為です。
長く使用していた為経年劣化によるものです。 蛇口にも寿命というものはあります。
幸いな事に、今回のお客様の蛇口は一般的な物だったため在庫として持っており、すぐに蛇口を交換することが出来ました。
水漏れを放置していても自然に直る事はありませんし、他の場所への影響が出てしまうケースがありますので、水漏れは早めに修理するほうが良いかと思います。