藤枝市北方 台所排水詰り修理

藤枝市北方 台所排水詰り修理
今回は台所の排水詰り修理案件をご紹介します。排水詰りの修理方法は色々あるのですが、今回は高圧洗浄機を用いた修理をおこないました。
台所排水詰りで最も多い詰りヵ所はシンク下の排水トラップと床下に繋がる排水管の間の蛇腹ホースなのですが、今回は蛇腹ホース内での詰りではなく、その下のパイプ内での詰りのようです。
詰りの原因や状況を確認する為に、蛇腹ホースを外し、直接床下に入っている排水管を覗いてみました。
パイプ内は油カスが多く付着している状態でした。かろうじて油カスの隙間から若干の排水ができていたようです。
次に、屋外の排水マスを開けて詰りの状況を確認してみました。屋外の排水マスは通常、台所ですと、台所近辺の屋外に設置されている事が多いです。やはり詰りの原因はやはり油カスでした。今回のお宅ではタメマスと言って、ある程度油カスやゴミ等が溜まったらドブさらいの様な感じで汚物を除去できる仕組みになっていました。しかし、20年位一度もタメマス内の清掃や汚物の除去をやったことが無いためタメマス内はもちろん、排水のパイプ内にまで油カスか溜まっている状況でした。今回の詰りを除去する為に用いた機械は、高圧洗浄機です。
排水パイプ内を高い水圧により油カス等の頑固な汚れや詰りを洗い流し詰りを解消させる機械です。
詰りを解消させるには高圧洗浄機のほかにドレンクリーナーと呼ばれるワイヤーのお化けのような機械もあるのですが、一般的にドレンクリーナーの場合、油カス等で詰まってしまった排水パイプ内にお水が通る穴を開ける要素が強く、油カスや汚れを根本的に取り除くわけではありませんので、一時的には排水の流れが改善できても時間が経つとまた同じように排水不良を起こしてしまうケースがあります。
ですので、今回は完全にパイプ内の汚れや詰りを除去する為に高圧洗浄機を使いました。
作業の時間的には、一般家庭ですと大体1時間もあればできます。各家庭の人数やお台所の排水管に流れてしまう油の量にもよりますが、一度、高圧洗浄作業を行い排水管内を綺麗にしておけば、10年から15年位は再び詰まってしまう危険性は無くなるのではないかと思います。
始めの方でも述べましたが、シンク下の蛇腹ホースはメインのパイプに比べて細い為、詰まりやすいので、2~3年に一度、ホースを外してお掃除する事をお勧めします。作業的には、回転ナットを手で回して外すだけですので非常に簡単です。又、ホームセンター等でも1,000円位で蛇腹ホースのセットが売られていますので、掃除をして使うのも良いのですが、年数が経つとホースが劣化してホースを外した際に切れてしまい水漏れを起こすケースもありますので、新しくされても良いかと思います。